不動産物件撮影 サービス詳細

1.通常撮影プラン(空室撮影)

不動産の分譲・賃貸物件の「空室」の状態をそのまま撮影するプランです。

不動産検索サイト(SUUMO、アットホームなどの各媒体)の掲載用、広告の宣材としてご活用いただける写真を撮影します。プロのカメラマンが一眼レフカメラで撮影することで、明るくきれいに撮影することができます。午前中からお昼の時間帯で撮影しますので、自然な採光で明るい雰囲気になります。外観や共用部も撮影いたします。マンション・アパート一棟において、複数のお部屋の一括撮影も承っています。

2.演出付き撮影プラン(ホームステージング)

専用ページをご用意しています。ホームステージングのサービス詳細ページにてご確認くださいませ。

3.モデルルーム撮影プラン

不動産会社様がご用意されたモデルルームを撮影するプランです。

インテリアコーディネーターの方の意図を考慮し、演出を引き立てる撮影をさせていただきます。基本的には手直しはしませんが、広角レンズの場合、手前の物が大きく写ってしまう特性があることから、カメラの見映えによってインテリア小物・雑貨の位置調整をさせていただく場合がございます。

基本的な撮影の仕方

対角線からの撮影

基本的にはお部屋の四隅から、それぞれのアングルで部屋全体をまんべんなく撮影していきます。ご依頼主様が特に撮影したい箇所、お部屋の中でアピールしたい箇所などがありましたらお申しつけください。

(ホームステージングを実施する物件またはモデルルーム撮影においては、大きな家具がある場合などで全ての対角線からは撮影できない場合もあります。また、見映えを考慮して敢えて撮影しない場合もございます。)

外観、共用部なども撮影いたします。

参考:1LDKの間取り

メイン写真の撮影

インターネットの広告媒体に掲載する際、1枚目の「メイン写真」は極めて重要な要素となります。メイン写真の印象によってユーザーのクリックが決まるとっても過言ではありません。基本的には窓のある明るいお部屋をメイン写真として撮影しています。

2LDK以上はリビングルーム、1Kや1LDKは居室がメイン写真となります。

見映えを良くする演出

カメラマンのほか撮影アシスタントが同行し、最適な構図になるよう1カットずつ丁寧に撮影を行っていきます。当社の撮影は他社に比べて時間は掛かりますが、1カットずつ見映えの良い写真に仕上げることが出来ます。

スタンド型の照明やインテリアグリーンはお部屋を飾るせっかくのアイテムですので、これらのアイテムが良いアクセントとしてなるべく写真に写りこむよう、適宜配置替えして撮影する工夫をしています。

撮影技術

カメラ

プロ用の一眼レフカメラで、お部屋を広く見せる広角レンズを使用して撮影いたします。小物やアメニティを映す場合には、通常のレンズを利用します。カメラ水準器を使い、お部屋の水平・垂直を図りながら歪みのないように撮影します。※最新のカメラでは水準機能を搭載しています。
撮影スペースに応じて三脚と一脚を使い分けながら撮影します。撮影スペースが狭小の場合や、俯瞰(ふかん)での撮影は手持ちにて撮影する場合がございます。明るさのバランスをとるための補助光として、ストロボを使用する場合もあります。

画像加工について

当社では現場にて最適な構図と採光・色彩を配慮し、明るさを変えて1カット5~6枚を段階的に撮影しています。そのため、基本的にはデータを持ち帰ってからの明るさの補正・画像加工・修正はしておりませんので、ご了承下さいませ。
建物外観の、電線・電柱除去、空色補正、周辺建物除去などは別途お見積りとなります。

納品形式

1カット(1シーン)に対して、明るさを変えたものを3枚お送りいたします。(納品形式:JPEG)その中からお好みのカットをお選びいただき、ご利用ください。当社で1カット1枚を選定してお送りすることも可能です。撮影日の翌々営業日までにデータ便経由で納品させていただきます。
※スケジュールの状況により、納期をご相談させて頂く場合がございます

明るさ1
明るさ2
明るさ3